よくあるご質問

  • HOME
  • よくあるご質問

ベネッセの短期留学プログラムについて

どのプログラムがよいか迷っているのですが…

プログラム選びに迷ったら、まずはお電話もしくはウェブサイトからお気軽にお問い合わせください。カウンセラーがご希望に応じて、おすすめのプログラムをご案内いたします。

英語が苦手です。英語力に自信がなくても参加できますか?

もちろん参加できます。ただし、留学をより有意義にするためにも、渡航前に簡単な会話の練習をしておくことをお勧めいたします。

子ども1人で参加しても大丈夫ですか?

小学生のお子さまだけでも無理なくご参加いただけるような配慮をもとにプログラム内容を考えており、実際にほとんどの方が一人で参加されますのでご安心ください。ただし、荷物の管理などはできるだけお子さま自身でできるように渡航前にご指導ください。

渡航前に何をしたらいいですか?

身の回りのこと、自分の荷物の管理などはお子さま自身でできるようにご指導ください。忘れ物・落とし物をしないような習慣をつけることも大切です。また、簡単な英会話などで、自分の伝えたいことを表現する練習をしておくと、より留学を有意義なものにできるでしょう。

プログラム料金に加えて、どのような費用がかかりますか?

【渡航前後】燃油サーチャージ及び空港諸税・ビザ申請が必要なプログラムの場合はビザ申請料や手続き代行料・日本国内における発着空港までの往復の交通費や前後泊費(発生した場合)・超過手荷物料金(発生した場合)・日本国内で前後泊がある場合の「ベネッセの留学生サポートプログラム」追加会費(発生した場合)などがかかります。
【渡航中】プログラム料金に含まれていない食事代、おこづかい等が必要となります。プログラムや滞在期間にもよりますが、現地での費用は日本円で1~2万円程度を目安にすると良いでしょう。

現地での滞在について

現地では何人の大人が子どもを見てくれるのでしょうか。

現地のスタッフと、日本から同行する日本人添乗員の最低2名が参加者と一緒に行動します。添乗員は女性で、常に全員の様子に目を配り、声掛けをします。

渡航中の連絡手段が不安です。

毎日、メールなどで現地の様子を報告させていただく予定です。お子さまに携帯電話やスマートフォンを持たせることは、現地での活動に集中できない、添乗員に助けを求めず信頼関係を築きにくい、落とし物や紛失事故につながるなどの理由からお勧めしておりません。

現地でトラブルがあった場合、どこに相談すればよいですか?

添乗員がサポートさせていただきます。また、ベネッセの短期留学プログラム参加者には、「ベネッセの留学生サポートプログラム(保険)」に入っていただいており、通常の留学保険の機能だけでなく、24時間365日日本語によるサポートを受けられる電話窓口を用意しておりますので、必要に応じてこちらも利用します。

通話料無料0120-125-968
月〜金12:00〜20:00/土10:00〜18:00(定休日 日・祝・年末年始)
携帯電話・PHSからもご利用いただけます