みんなの留学体験談 現地レポート

留学中の高校や大学の先輩たちが、日本と海外の生活の違いや、大学の授業やホームステイ先での生活など、現地の様子をお伝えします。

  • 海外進学

現地で出会ったベストフレンド

佐野ななみ
現地レポーター: 佐野ななみ さん

私はアメリカに来る前から、留学中に一生付き合っていける親友が欲しいと思っていました。ただ、渡米から約8ヶ月経った今でも、人見知りせず友達といる事が好きな私でも親友と言える友達はまだいないかなと思います。なぜなら、日本の大学のように同じ時期に入学して、同じ時間帯に授業が終わる事はあまりなく、人によっては編入するために引っ越すなど、「4年間同じ学校でずっとこの人と過ごす」ということが難しいからです。ただ同じ時期に渡米した私の友達は、大学での親友はまだですが、語学学校で親友ができて一緒に住んでいるそうです。

私にはまだ親友と呼べる人はいませんが、ルームメイトとは一緒に過ごす時間が長いので、仲も良いですし、オリエンテーションで出会った友達と同じ授業をとったので、お昼を一緒に食べたり、週末にショッピングに行く事もあります。現地で出会ったのは外国人だけではありません。同じ大学に通う日本人留学生とも仲良くなりました。でも日本語ばかり環境は意味がないので、ずっと一緒にいるという事は無いようにしています。

私の場合、語学学校のある場所から学校の近くに引っ越したので、語学学校の友達と過ごすことも最近はないですし、まだ専門的なクラスが始まっていないので、浅く広い友達関係になっているんだと思います。次の学期からは専門的なFILMの授業も始まり、FILM関係の別のクラスでも同じ人と会う機会が増えたら親友もできるのではないかと思っています。

ただやはり、同じ人種の人同士で集まりやすいという傾向はあると思います。キャンパス内にはアジア人以外の学生ももちろんたくさんいるので、何かきっかけがあれば声をかけて同じ時間を一緒に過ごす友達を作れたらと思います。

今までの留学経験を通して気づいた事は、留学は日本にいる時よりも「一期一会」だという事です。世界中から人が集まるので、その人の母国に遊びに行かない限りもうその人とは会えないという事もあります。それでも短い時間を一緒に過ごして、親友ができればなと思います。

Photo Gallery

留学を決めた先輩たちの生の声をお届け!

留学体験記

「ベネッセ海外進学サポート」「ベネッセ短期留学プログラム」を活用して海外進学、短期留学した先輩の体験談を紹介します。留学を決めてから留学するまで、そして留学先の新しい生活。ほかでは聞けない先輩の生の声を読むことができます。

詳しく見る
ページの先頭へ

通話料無料0120-125-968
月〜金12:00〜20:00/土10:00〜18:00(定休日 日・祝・年末年始)
携帯電話・PHSからもご利用いただけます