みんなの留学体験談 現地レポート

留学中の高校や大学の先輩たちが、日本と海外の生活の違いや、大学の授業やホームステイ先での生活など、現地の様子をお伝えします。

  • 海外進学
  • 短期留学

グローバル人材とは

高藤汐梨
現地レポーター: 高藤汐梨 さん

今回は私にとってのグローバル人材についてお話したいと思います。グローバル人材と一言で言っても、人によって定義は変わってくると思いますし色々な考えがあると思います。グローバル人材になるということは、「海外で活躍できる人材になる」ということだと思いますが、私が大切だと思うことは、まず自分で考えることができ、行動力があるかどうか、ということです。海外に出れば、想像以上にたくさんの問題に直面し、その度自分で何をすべきか考え、行動していかなければなりません。いつも周りに頼っているようではダメなのです。失敗をしても恥をかいてでも、自分から何かをするということに意味があり、これによって自分がもっと強くなり自信にもつながります。だから自分で考えられる力、それから行動力はとても大事だと思います。海外に留学することは、その行動力につながる第一歩なのではないでしょうか。

また、グローバル人材になるためには、コミュニケーション能力は欠かせません。これは英語や他の言語を話せるかどうかという話ではありません。たとえその言語がうまく話せなくても、コミュニケーション力が高い人はたくさんいます。アメリカに来てから、自分のグラマーや発音なんて全く気にしないで、とにかく多くの人と話そうとする留学生をたくさん見てきました。そういう人がやはりグローバルに、自分がいる場所関係なく活躍できる人なのではないかと思います。そういう人を見ていると、人は言葉ではなく、やはり心と心で繋がっているんだなと実感させられます。

最後に私が大事だと思うことは、何があってもめげない心を持つことです。どれだけ押しつぶされそうになっても踏ん張れる力、立ち上がろうとする力は、グローバルに活躍するためには欠かせない力だと思います。その力を持つからこそ、どこに行っても強く、輝ける人材になるんだと思います。

こんなえらいことを言っている私ですが、私もこれら全てを兼ね揃えているかといえばまだまだです。ですが昔の私に比べたらこの留学で大きく変われたと思いますし、これからもっとグローバルに活躍できる人材になれるよう精進していきます。

レポートテーマ:
グローバル人材

Photo Gallery

同じテーマの
レポートを見る

留学を決めた先輩たちの生の声をお届け!

留学体験記

「ベネッセ海外進学サポート」「ベネッセ短期留学プログラム」を活用して海外進学、短期留学した先輩の体験談を紹介します。留学を決めてから留学するまで、そして留学先の新しい生活。ほかでは聞けない先輩の生の声を読むことができます。

詳しく見る
ページの先頭へ

通話料無料0120-125-968
月〜金12:00〜20:00/土10:00〜18:00(定休日 日・祝・年末年始)
携帯電話・PHSからもご利用いただけます